コンカフェでパパ活をする前に知っておくべき注意点・交渉術・安全対策まとめ

コンカフェで働らきながらお店に内緒でパパ活をするケースがあります。

実際にパパ活をする中で押さえておきたいポイントや注意点についてみていきましょう。

  • コンフェで働きながらパパ活は可能?
  • コンカフェでパパ活をする際の危険性やリスク
  • パパ活をする際に覚悟しておくべきこと
この記事を書いた人

元地下アイドルのコンカフェ嬢が働き方の情報を発信します!

著者の詳細情報

@doljob_work

どるじょ
目次

コンカフェ嬢がパパ活に走る理由

コンカフェ嬢がパパ活に走る動機は様々で、前向きなものから逆に後ろ向きなものまで人によってそれぞれです。

全てのパパ活が悪ではなく個人の事情や目標に通じているのであれば、プラスに働く可能性もあります。

あくまで可能性の話で基本的にはパパ活はおすすめされるようなものではありません。

経済的な悩みや目標の解消のため

コンカフェ嬢がパパ活を選ぶ背景 コンカフェ嬢がパパ活に走る理由のひとつは、経済的な悩みや目標の解消です。

コンカフェだけでは収入が不安定な場合があるため、経済的な支援を受けることであらゆる問題が解決できることが魅力となります。

  • 生活費の確保
  • 借金の返済
  • 学費資金の準備

また、将来の夢や目標に向けて資金を集めることができるため、パパ活はコンカフェ嬢にとって魅力的な選択肢となるのです。

時間効率が良くと稼ぎやすい

コンカフェ嬢がパパ活を選ぶ魅力的な要素 パパ活を選ぶコンカフェ嬢にとって、もうひとつの理由は時間効率と稼ぎやすさです。

コンカフェ嬢は、コンカフェでの接客業務と並行してパパ活を行うことで、より効率的に収入を得ることができます。

また、コンカフェでの人間関係やコミュニケーションスキルがパパ活での交渉力や魅力につながるため、稼ぎやすい環境が整っていると言えます。

自己成長やスキルアップのため

パパ活に走るコンカフェ嬢の中には、自己成長やスキルアップを求める人もいます。

パパ活を通じて出会うパパたちは、ビジネスや社会経験が豊富なことが多く、彼らから学ぶことができる知識やスキルが魅力的です。

  • 世の中のニーズ
  • 社会経験の知識
  • 最先端のトレンド

また、パパ活を通じて新たな人脈を築くことで、将来的に自分のキャリアやビジネスチャンスに繋げることも可能です。

このように、パパ活はコンカフェ嬢にとって、自己成長や人間関係の構築の場としての役割も果たしています。

パパ活とコンカフェの組み合わせ

メリットとデメリット パパ活とコンカフェを組み合わせるメリットは、リアルタイムで相手と会話ができることや、相手の雰囲気を直接感じることができる点です。

一方、デメリットとしては、プライバシーが保たれにくいことや、出会いの数が限られることが挙げられます。

コンカフェでパパ活するメリット

パパ活とコンカフェを組み合わせることのメリットはいくつかあります。

まず、コンカフェで働くことでコミュニケーション能力や人間関係スキルを磨くことができ、これらのスキルがパパ活においても役立ちます。

また、コンカフェは出会いの場でもあり、自然な形でパパ候補と出会うチャンスが増えます。

さらに、コンカフェ嬢としての顔とパパ活という二つの収入源を持つことで、経済的な安定感が得られます。

パパ活だけでなく、コンカフェ嬢として働くことで自分の魅力を磨き、自己成長にもつながります。

コンカフェとパパ活は仕事柄、相性の良い仕事のように見える。

コンカフェでパパ活するデメリット

一方で、パパ活とコンカフェを組み合わせることのデメリットも存在します。

まず、両方を並行して行うことで時間的な負担が大きくなり、プライベートな時間が削られることがあります。

また、パパ活とコンカフェの収入が一定でないため、収入の安定性に欠けることが挙げられます。

さらに、コンカフェでのパパ活が周囲にバレるリスクがあるため、プライバシーの保護が難しくなります。

また、コンカフェのお客様とパパ活の関係が混同されることで、人間関係のトラブルが起こる可能性もあります。

このようなデメリットを踏まえた上で、パパ活とコンカフェの組み合わせを慎重に検討することが重要です。

コンカフェの店舗側と揉めるケースが多い。

パパ活でコンカフェを利用する際の注意点

コンカフェでパパ活をする際には、周囲の人に迷惑をかけないようにマナーを守り、プライバシーに配慮して行動することが重要です。

プライバシーを守ること

個人情報や自分だけの秘密の内容をパパ活相手に握られると、後々さまざまなトラブルの種になりかねません。

  • パパ活していることをお店にバラされる
  • 羞恥心をそそるような写真を撮られる
  • 個人的な話をSNSなどで拡散される

あくまでパパ活相手はお客さんなので、信用しきって何もかもオープンにしてしまうと後で後悔することになるでしょう。

2人っきりで狭いスペースに行かないこと

パパ活相手との距離感が縮まると2人だけの空間やカラオケボックスなどに誘いを受けることがあります。

基本的にはパパ活をおすすめされないですが、万が一そのような場合になってしまった際は、絶対に2人だけの密室空間に行かないようにします。

コンカフェの店舗はキャストの身の安全を守ってくれている側面もある。

コンカフェでのパパ活成功事例紹介

コンカフェでのパパ活成功事例としては、双方が互いの期待に応える関係を築くことができたケースが挙げられます。

これには、相手との信頼関係を築くことや、コミュニケーション能力が重要となります。

悩み事を聞いてくれるお父さんと娘のような関係性

パパ活において、良好な関係性の一例として「悩み事を聞いてくれるお父さんと娘のような関係性」があります。

このタイプの関係では、お互いに安心感や信頼感を築くことができます。

パパは経験豊富な人物が多く、娘役の女性が抱える悩みに対してアドバイスを与えたり、励ましたりすることができます。

また、娘役の女性はパパに対して感謝の気持ちを持ち、パパも自分が役に立てることに喜びを感じることが多いため、お互いの存在が心地よく感じられます。

このような関係性は、金銭面だけでなく、精神的な支えとなることもあり、長期的な信頼関係の構築につながります。

安心して長く良い関係を続けるためにも、相手のプライバシーや個人的な境界を尊重し、互いの立場を理解しながら関係を築くことが求められます。

一定のラインは越えさせない適切な距離感の関係

パパ活においてもう一つ重要な関係性が、「一定のラインは越えさせない適切な距離感の関係」です。

このタイプの関係では、お互いのプライバシーや個人的な境界を尊重し、適度な距離感を保ちながらコミュニケーションを行います。

適切な距離感の関係を築くことで、お互いにストレスを感じず、円滑なコミュニケーションが可能となります。

また、互いの人生に対する尊重や理解を深めることができ、長期的な信頼関係の構築に繋がります。

また、相手の意見や感情に耳を傾け、相手の境界線を理解し尊重することも重要です。

事前に超えてはならない境界線を相手に伝えておくことが重要

断られても何度も押していけば境界線を越えられると思っている男性が多いので、強引なペースに引き込まれそうな場合が自己防衛できるような対策も必要になってきます。

コンカフェパパ活の安全対策

トラブルを避けるための方法 パパ活コンカフェでの安全対策としては、事前に相手とのやりとりを十分に行い、自分が納得できる条件で進めることが重要です。

初対面の相手と個人情報を共有する際には慎重になることや、周囲の目を気にすることなく安心して話せる場所を選ぶことが求められます。

さらに、トラブルに巻き込まれるリスクを減らすためにも、友人や家族に連絡先や待ち合わせ場所を伝えることが有効です。

  • 緊急連絡先を家族と共有しておく
  • 防犯グッズ対策
  • 大声で叫ぶ
  • 録音・録画対策

コンカフェでのパパ活交渉術

双方にとって良い条件を提示する方法 コンカフェでのパパ活交渉術としては、まずは相手との信頼関係を築くことが重要です。

相手の話に耳を傾け、自分の価値観や考えを伝えることで、双方にとって良い条件を見つけ出すことができます。

  • 相手の求めるものを察知する
  • こちらの要求事項を明確にする
  • 証拠を残しておく

また、無理な要求をせず、相手に配慮しながら交渉を進めることが大切です。具体的には、互いの希望や条件を明確に伝え、双方が納得できる範囲での合意を目指しましょう。

また、柔軟な対応が求められる場面もあるため、相手の意見に耳を傾け、適切な妥協点を見つけることが重要です。

最後に、交渉が成功した場合も、その後の関係を維持するためには、定期的にコミュニケーションを取り、信頼関係を深める努力が不可欠です。

コンカフェでパパ活はやめておくべき理由

コンカフェで勤務しながらパパ活をする方法はありますが、返ってくるリターンとリスクを天秤にかけると、やめておく方がいいでしょう。

  • お店にバレるリスク
  • 被害にあっても助けを求めにくい状況
  • 警察沙汰になって家族を巻き込む
  • 脅されたら泣き寝入りするリスク

これらの危険を考えると、目の前の一時的な収入よりも後々の後悔の方が圧倒的に大きいことに気づく人も一定数いるはずです。

目先よりも将来を見据えてパパ活が本当に必要はよく考えて自分の行動に責任を持ちましょう。

よかったらシェアしてね!
目次